社会保険の高額療養費

社会保険の高額療養費病気やケガなどで長期入院をした場合や通院でも治療が長引く場合などで、医療費が高額になった場合に自己負担額の軽減を図るために作られているのが社会保険の高額療養費制度です。

簡単に言うと、医療費に掛かった一定の金額を超えた部分が高額療養費制度の申請をすることで払い戻されるという仕組みです。

高額療養費の自己負担限度額

高額療養費制度では所得に応じて1か月あたりの自己負担限度額が決められており、それ以上の医療費を支払うことになった場合に超えた部分の差額が払い戻されるようになっています。

高額療養費の自己負担限度額の計算は、70歳未満の方と70〜74歳の方で計算方法が異なりますし、先の述べたように所得に応じても計算式が違ってきます。

また、「多数該当」と言って同一世帯で1年間に3回以上高額療養費の支給を受けている場合は、4回目からは自己負担限度額が軽減されるなどの仕組みもあります。

 

高額療養費制度はあくまでも申請することにより適用を受けることができますので、入院などをして高額な医療費が発生した場合には、病院の窓口などで相談して詳しく教えてもらうようにしましょう。

ちなみに、入院時の差額ベッド代や、食事費用・入院時生活療養費などの自己負担額は高額療養費制度の対象になりません。

高額療養費制度について詳しくは社会保険庁のホームページを参照してみてください。

イメージ