領収書に貼る収入印紙の金額

領収書に貼る収入印紙領収書に収入印紙を貼るのは領収書の記載金額が幾らからなのか?ということは、自営業の人や会社で経理関連の仕事をされている人であれば、当然のように知っていることかもしれませんが、日常的に比較的高額な領収書のやり取りをする機会のない方では知らないのも当たり前かもしれません。

ちなみに、収入印紙は郵便局の他、コンビニなども購入することが可能です。

収入印紙の金額

収入印紙というのは「印紙税」と呼ばれる税金の一種であり、商品販売代金などをはじめとする営利を目的として金銭のやり取りが行われた際に、金銭の受け取り側が受取書である領収書に貼らなければならないように「印紙税法」という法律により定められており、領収書に収入印紙を貼った場合は、割印(消印)をします。

印紙税は不動産売買契約書や売上代金の領収書など、課税文書の種類の違いと記載されている金額により異なってきます。

日常的に取り扱われることの多い売上代金の領収書では、領収書の金額が3万円未満の場合に対しては非課税となっていますので、領収書に収入印紙を貼る必要はありません。また、受取金額の記載のない領収書に対しては200円の収入印紙を貼ります。

 

売上代金に係る金銭の領収書(第17号文書)に貼る収入印紙について、記載された受取金額が1000万円以下のケースの印紙税を参考に記載しておきます。

・3万円未満の場合は【非課税】
・3万円を超え100万円以下の場合は【200円】
・100万円を超え200万円以下の場合は【400円】
・200万円を超え300万円以下の場合は【600円】
・300万円を超え500万円以下の場合は【1000円】
・500万円を超え1000万円以下の場合は【2000円】

イメージ